創業130余年の歴史を持ち、多種多様な乾物ラインナップを取り扱う、

日本で唯一の「総合乾物メーカー」です。

「美味しさ・安心・安全・健康」を理念とし、消費者の立場に寄り添い、

業界に先駆けて商品のトレーサビリティーを実施。

工場のISO22000をわずか6か月で取得するなど、

乾物・食品業界で先進的な取り組みを続けています。




会社概要

会社名
ベストプラネット株式会社
代表者
代表取締役社長 木村 誠
所在地
東京都府中市白糸台1-44-1
TEL:042-367-7300 FAX:042-367-7311
愛媛工場
愛媛県伊予市下三谷241-1
TEL:089-982-0200 FAX:089-983-4384




沿革

明治20年
東京日本橋に、海産・農産乾物の集荷問屋「木村弥太郎商店」として創業
昭和25年
乾物総合問屋「(株)彌満喜」を設立、「乾物の彌満喜(やまき)」の名称で事業展開。

乾物の袋詰め加工「京都工場」を落成し、自社ブランド品を販売開始。
昭和42年
愛媛県伊予市の「岡部花鰹(株)」に100%資本出資し、「(株)彌満仁(やまに)」に改組し、メーカー業に本格参入。
昭和44年
京都の「(株)南田缶詰」に100%資本出資し、「(株)彌満喜缶詰」に改組。
平成3年
「(株)彌満喜」を「ベストプラネット(株)」に商号変更。以後、営業部門を「ベストプラネット(株)」、製造部門「(株)彌満仁」・「ベストライクス(株)」の3社でグループ企業を形成し、問屋業からメーカー業への方向転換を図る。
平成4年
(株)彌満仁の新工場落成。
平成9年
削り節の新製法「遠赤外線焼軟加工法」が、「魚節の加工法」として、製法特許を取得(特許題2662845)。
平成16年
乾物業界初のトレーサビリティ商品「地球の贈り物シリーズ」30品を発売。
削り業界初のトレーサビリティ商品「花かつお」と「カツオパック」の2品を発売。
平成17年
愛媛県伊予市に、延床面積5,900uの総合乾物工場を落成。グループ3社を企業統合し、乾物総合メーカーを掲げ、新生「ベストプラネット(株)」を設立。
平成18年
トレーサビリティを導入した、生産管理システムを開発し導入。
平成19年
愛媛工場が、乾物・削り節の業界で初めて「ISO22000」を取得。
平成22年
ネット通販事業開始。楽天市場内に「乾物の匠庵」出店。